Windows Store Watch

Windows ストアを見守るブログ

【更新】Quick Eye

バージョン:デバイスによって異なります

・v7.1(build 38)

  • プレビューファイルを切り替えるとき、強制終了することがあった問題を修正しました。
  • プレビューファイルを切り替えるとき、フリーズすることがあった問題を修正しました。
  • Quick Eye 終了時、強制終了することがあった問題を修正しました。
  • メモリリークしていた部分をいくつか修正しました。

・v7.0(build 37)

  • プレビューウインドウを開くホットキーの割り当てを変更できるようにしました。設定→キー割り当て→ホットキーから変更できます。(Thanks to naranja さん)
  • 画像キャッシュ機能を実装しました。読み込んだ画像ファイルを一時的にキャッシュするようにしました。
  • 画像プリロード機能を実装しました。次に表示される可能性が高いと予測した画像ファイルを先読みするようにしました。(画像キャッシュ機能と合わせて、大きな画像も高速で表示されるようになりました。)
  • プレビューファイルが開くタイミングを変更しました。ファイルが開くまでに若干のタイムラグがあったものが改善されています。
  • プレビュー中のファイルがロックされてしまうことがあった問題を修正しました。(Thanks to @yimamura さん)
  • タスク切り替えウインドウ(Alt + Tab)に無名のウインドウが表示されてしまうことがあった問題に対策を入れました。(Thanks to NK さん)
  • アイテム切り替え時に強制終了してしまうことがあった問題をいくつか修正しました。
  • 終了時に強制終了してしまうことがあった問題をいくつか修正しました。

・v6.0(build 36)

  • Markdown ファイルに対応しました。コードブロックのハイライト表示も行えます。
  • CSV / TSV ファイルに対応しました。
  • ファイルプロパティペインを実装しました。表示 / 非表示の切り替えに『CTRL + P』を割り当てています。
  • 全画面表示のときに、ナビゲーションバーが自動で隠れるようにしました。
  • ファイルメニュー(ハンバーガーメニュー)を実装しました。
  • ドッキング可能なペインを実装しました。
  • リバーを実装しました。
  • EXE、フォルダなどの情報表示を簡易なものに変更しました。
  • ファイル読み込み時の文字コード自動判別の精度を向上しました。
  • フレーム描画の負荷を軽減しました。
  • リサイズ時の描画負荷を軽減しました。
  • リストコントローロール、クライアント領域など、スキンによる描画を調整しました。
  • ファイル詳細の項目名をシステムから取得するようにしました。
  • Other Software License を更新しました
  • 起動時にウインドウが表示されてしまうことがあった問題を修正しました。
  • ナビゲーションバーのツールチップの内容を修正しました。
  • 圧縮ファイルのプレビュー中に、戻るボタンが更新されないことがあった問題を修正しました。
  • 戻るボタンが正しく動作しないことがあった問題を修正しました。