Windows Store Watch

Windows ストアを見守るブログ

Windows ストアの Ubuntu を導入してみた

f:id:daruyanagi:20170712050004p:plain

Windows ストアに Linux ディストリビューション「Ubuntu」が登場しました!

blogs.msdn.microsoft.com

forest.watch.impress.co.jp

さっそく入れてみます。実験環境は Windows 10 Insider Preview Build 16237(Home Edition, First Ring)です。Build 16215 以降なら対応しているみたい。

Windows Subsystem for Linux(WSL)の有効化

f:id:daruyanagi:20170712050250p:plain

いきなり[購入]ボタンを押してダウンロード・実行しても 0x8007007e というエラーが出て初期化に失敗してしまいます。あらかじめ Windows Subsystem for Linux(WSL) を有効化しておきましょう。

f:id:daruyanagi:20170712050455p:plain

ちょっとめんどくさいですけど、「Windows の機能の有効化と無効化」へアクセスして――

f:id:daruyanagi:20170712050459p:plain

“Windows Subsystem for Linux(Beta)”のチェックを ON にします。WSL が有効になってなくてエラーが出たのなら、勝手にこれをキックしてくれたら親切なのにね。

f:id:daruyanagi:20170712050501p:plain

[OK]ボタンを押すと、必要なファイルのダウンロードが始まります。

f:id:daruyanagi:20170712050507p:plain

なお、適用するには OS の再起動が必要。

「Ubuntu」の起動

f:id:daruyanagi:20170712050859p:plain

ストアから「Ubuntu」をインストールすると、スタート画面に信頼されたアプリとして「Ubuntu」が追加されているはずです。OS なのにアプリ……なんか変な気分。

f:id:daruyanagi:20170712051055p:plain

初回起動時には初期化処理が少し必要です。最後に「Ubuntu」のユーザー名とパスワードを入力したら、セットアップは完了。「Ubuntu」のシェルが使えるようになります。

ちなみに、「Ubuntu」のユーザー名とパスワードは Windows と同じである必要はありません。お好きにどうぞ。

f:id:daruyanagi:20170712051325p:plain

ディストロのロゴをアスキーアートで表示する screenfetch を導入して起動してみた様子。

  • OS:Ubuntu 16.04 xenial [Ubuntu on Windows 10]
  • Kernel:x86_64 Linux 4.4.0-43-Microsoft

らしいです。

「Ubuntu」のメリット

WSL の「Ubuntu」は、Microsoft の謎技術によってほぼネイティブな感じに動作するっぽいです。仮想化などの技術を使っていないので、割と高速に動作するはず。

導入も、最初に WSL を有効化するのが面倒くさいぐらいで、あとは簡単&一瞬で済みます。他のディストリビューション(Fedora と SUSE のリリースが予定されている……っていうかもう使えるみたい)とサイドバイサイドでインストール・実行できるのも面白いかなって思います。アップデートもストアで管理するんだろうし、“OS のアップデート”っていうより、“アプリのアップデート”って感じになるんじゃないかな……これはまだよくわからないけれど。

用途としては、Web 開発などに利用することが考えられます。そういったツールはやっぱり Linux の方が充実しているし、Ruby(on Rails)みたいに Windows で扱うのがちょっとめんどくさいものも、Ubuntu で扱えば OK。「Excel」でエビデンス(笑)を管理しながらモダンな Web 開発もしなきゃ! なんていう地獄な環境にも 1 つの PC で対応できそうです(ぁ

あと、管理コマンドに興味がある人もいるかもしれませんね。使いやすいシェルと、コマンドラインツールがそろっていますから。当初、WSL はあくまで開発者向けと位置付けられていて、管理用途はあまり推奨されていなかったのですが、「Windows 10 Fall Creators Update」では WSL に管理者モードが不要になるらしく、そっち方面にも使っていいよっていう流れになっているみたい。

forest.watch.impress.co.jp

ただ、あんまり変なことはしない方がいいのかなーなんて個人的には思っていますけど。そこらへんはこれからおいおい調べていきますね。

そもそも、Ubuntu on Windows Store は、「これがあれば cmd や PowerShell が要らなくなる!」という性質のものではないです。ネイティブ GUI アプリの生産性はやっぱり Windows だけど、Linux ワールドに無知ではこれからは生きていけない。そういう状況を解決してしまう賢い方法の一つが、Ubuntu on Windows Store なわけで、Windows と Linux の親和性を高める一つのやり方ととらえるべきでしょう。場合によっては仮想化、リモートデスクトップ接続なんかのソリューションも考えるべきなのではないでしょうか。

ともあれ、気が向けば僕も Linux をお勉強してみようかと思います。なんせ大学の時に FreeBSD とか使わされていたのと、 BeOS が好きだった時代に Bash 使ってた程度で、最近のことはあんまりわかっていないので……(そもそも Linux じゃねぇ……)。当時はなかったディレクトリが増えてね?